家族葬と一般葬儀の違いとは

家族葬が一般葬儀と違う点はいくつかあり、この形式の葬儀をするならばその違いをきちんと知っておく必要があります。最も大きな違いは、参列者が親族や故人と親しい人だけに限定されているという点です。一般葬儀では参列する方は故人の親族、友人、職場関係者や近隣にお住まいの方などさまざまですが、家族葬では故人の親族や親しい間柄だった人だけに絞られています。基本的に一般葬儀に比べて参列者が少なく、10人から30人といった少ない人数で葬儀を行う事になります。葬儀を親族だけで行いたいという場合や、気心の知れた人達だけで葬儀を行いたいという場合はこの形式の葬儀にすると良いでしょう。

また、費用面でも違いがあり、基本的に一般葬儀よりも家族葬の方が費用が安く済みます。これは参列する人数が少ないこの形式の葬儀だからこその特徴で、人数が少ない分食事などを用意する数が少なくて済み、結果的に一般葬儀と比べて安い費用で葬儀を行う事ができます。もし葬儀に関する費用を抑えたいという時には、こちらの形式の葬儀を選んでおくと、一般葬儀に比べて安い価格で葬儀を行えるようになるでしょう。

家族葬と一般葬儀の大きな違いは、やはり参加する人が限られているという点で、誰を呼ぶのかを考える必要があります。親しい人という区切りですから、例えば親族は知らないが故人と親しかった間柄の人がいる場合も考えられますから、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。もし自分の葬儀を家族葬にしたい場合は、事前に誰を呼ぶのかを知らせておくと、スムーズに葬儀を執り行いやすくなります。