家族葬を行う時に一般葬儀と違う気を付けたいポイント

家族葬を行う時には、いくつか気を付けておかなくてはいけない事があります。知らないままこの形式で葬儀を行ってしまうと、スムーズに葬儀が行えないだけでなく、葬儀の後でトラブルになってしまう可能性もありますから、きちんと何に気を付けるべきなのかというポイントを知っておきましょう。家族葬は故人の親族や親しい友人だけで行われる葬儀なので、最も気を付けなくてはいけないポイントは誰を呼ぶのかをきちんと決めておくという点です。友人だからと参列する人が多くなりすぎては家族葬の意味がありませんから、どの範囲までの人を故人と親しい人として参列してもらうのか、事前に決めておく必要があります。

また、家族葬だからといって訃報などを会社関係の人や近隣の方に送らないで良いという訳ではない、という点も気を付けるべきポイントです。親しい人だけで行う葬儀だからと、親族以外の方へ連絡をしないという人もいますので、そういった事が無いように気を付けておきましょう。あくまで葬儀を行う際に参列するのが親族や親しい人だけというだけで、決して訃報など故人が亡くなったという連絡をしなくて良いという訳ではありません。また、連絡を怠った事で故人と親しい人が参列できなくなってしまうという場合もあり、そうなると葬儀の後でトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。きちんと故人と関係のあった人には連絡をし、連絡せずに後になってから訃報を聞いたという人がいないように気を付けておきましょう。

家族葬は身近な人達だけで行うものだからこそ、一般葬儀とは違ったポイントに気を付けなくてはいけません。一般葬儀では基本的に参列する人全員に連絡をする必要がありますが、参列する人が限られる家族葬は誰に連絡するかを決める必要があります。一般葬儀との違いをきちんと知っておき、違う部分を気を付けておく事で葬儀のトラブルを回避する事ができます。