家族葬や一般葬儀以外の葬儀の形式

家族葬や一般葬儀以外には、どういった形式の葬儀があるのでしょうか。どういった葬儀の種類があるのかを知っておけば、自分の葬儀をどうするか考える時はもちろん、故人の遺志に沿った葬儀を行いたいと考えた時にも重宝します。一般的な葬儀以外にも、家族葬をはじめ近年ではさまざまな形式の葬儀が増えてきています。それぞれに費用が安かったり、葬儀の日程が違っているなどの特徴がありますから、そういった特徴をきちんと把握しておくと便利です。

まず家族葬とよく間違われる形式の葬儀として密葬が挙げられます。密葬は家族葬よりもさらに限定された身内だけで行う葬儀で、身内だけで通夜や告別式、火葬を行います。家族葬との違いとしては、密葬はそれだけで終わりではなく、その後に通常の一般の参列者向けに本葬を行うという点です。先に身内だけで葬儀を行い、その後で一般の参列者向けの本葬を行うという形式なので、どうしても先に身内だけで葬儀を行わなければいけないという時などに重宝します。

もう一つの形式として挙げられるのが直葬です。この直葬は通夜や告別式を行わず、火葬だけを行うという形式の葬儀です。葬儀にかける費用を少なくしたいという時には、この形式の葬儀がおすすめです。通夜や告別式を行わず、ごく親しい親族のみで火葬だけを行いますから、会場や食事といった通夜や告別式で必要となる費用がありませんので、非常に安い費用で葬儀を行えます。このように葬儀にはさまざまな形式があり、それぞれの特徴を知っておく事で、どういった葬儀を行いたいのかに合わせて葬儀のスタイルを選びやすくなります。一般葬儀以外にどういった形式の葬儀があるのかを知り、その上で一般葬儀にするかそれ以外の葬儀にするかを考えてみてはいかがでしょうか。